RSS | ATOM | SEARCH
矢羽材のこと

 

 

2月になって少し寒い冬に
慣れてきた感じです。
最近は3月にむけて記念品の
ご予約対応に追われております。
100枚以上の注文については
順に受付して材料の手配を
していますので納期の予定を
出すため四苦八苦しつつ…
見積書を作成しては調整、
調整しては発注の毎日です。
丸いお皿、角トレー、お盆など
人気商品は予約が集中します。


東京の展示会『モクコレ』
出展しましたら、当方にそっくりの
杉集成材がありました。
これもびっくりなことです!


津山町の木工技術は全国から視察の
受け入れをしていたので、多くの
似たような集成材が各地に出来て
いることや『もくもくセンター』
『もくもく何とか』という名称も
全国に広がっておりました。
『もくもくはうす』も確かにあるよう…。


40年近く前に始まった津山町の杉矢羽集成材
価格がとても安いこと、産地価格です。
他の産地をご覧いただければわかります。
お弁当箱は5倍以上、お盆は3倍〜
手間がかかった集成材の模様
矢羽もようは美しい木目を活かし
幾重にも手がかかっているのです。


奈良県、岐阜県、大分県、青森県…
(もっとたくさんあるかも)
多数の似たような杉集成材が出来た中で
比べてみてわかると思います。
価格はどこより津山がお手頃♪
産地価格ですので業者様には販売は
しておりません。


お客さまに順番に予約待ちいただき、
ご注文順に材料から手配させて
いただいております。
お弁当箱も全国からご注文の
予約待ちで承っております。
多くのお客様に販売したいのですが
大量生産できないことがありますので
どうぞご理解下さいませ。

 

 

 

 

 

○ もくもくハウスのホームページはこちら
http://moku2.biz
author:もくもくハウス, category:木のはなし, 18:24
-, -, - -